2021年1月27日 水曜日

日経平均とTOPIXは小幅高。マザーズ指数も小反発。東証一部の売買代金2兆6188億円、マザーズの売買代金は1857億円でした。個別銘柄では昨日に引き続きエムスリーが続落、日本電産は投資判断が引き上げられて買われていた。新興市場ではマクアケが決算出尽くしで大幅安、活況だったバルミューダも反落していました。

世界の新型コロナ感染者、1億人突破 人口の1.3%
Twitter、メルマガ配信の新興買収 広告以外の収益強化
スタバ10~12月期、純利益30%減 新型コロナ再燃で
信越化学、1300億円投じ米に新工場 住宅・インフラ活況

2980 SREホールディングス
不動産事業とAIクラウド&コンサルティング事業を運営するSREHD。ソニーが株主。大手証券が投資判断を引き上げたこと、そして不動産業界のDX化を推進する機運が高まっていることを材料に、AIを活用して業務支援サービスを提供している同社が注目され大幅高。

6988 日東電工
粘着テープなどの包装材料・半導体材料・光学フィルムを製造する日東電工。ノートパソコン、タブレット端末向けの組み立て用部材と半導体の製造工程で使われる部材製品の需要が拡大。通期予想を上方修正したことが好感され、株価は1万円台に乗せている。営業利益の修正率は29.1%。

6486 イーグル工業
メカニカルシール、特殊バルブ、プラント機器を手掛けるイーグル工業。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は290.9%。「自動車・建設機械業界向け事業において、国内・海外ともに前回予想より回復が見込まれるため」としている。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です