2021年2月4日 木曜日

日経平均とTOPIXは過熱感から反落。マザーズ指数は小幅高。東証一部の売買代金は2兆8045億円。マザーズの売買代金は1539億円でした。個別銘柄ではソニーが決算を好感されて大幅高に。ソニー関連株としてムトー精工(ソニー向け樹脂部品や金型で高い実績)やソニーが株主のSREホールディングスにも物色の買いが入っていた模様。

東京製綱、日鉄のTOBに反対表明 「敵対的」に
公共料金、自宅で請求書払い ファミマがアプリ決済
半導体不足による自動車減産、第3四半期まで継続も=IHS
広島市民80万人PCR予算可決 費用10億円

5991 ニッパツ
自動車の懸架バネやシートを中心に製造する大手部品メーカー。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+140%。懸架バネ事業、シート事業、精密事業(半導体プロセス部品)などの主要分野で持ち直しの動きがみられることから業績予想を修正した。

6674 GSユアサ
自動車用鉛蓄電池で世界2位のGSユアサ。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+25%。国内外において自動車用補修販売(自動車用鉛蓄電池)が好調に推移。業績予想を修正したことに伴い、期末配当も5円増配する。

4062 イビデン
インテル向けにICパッケージを製造販売するイビデン。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+31.5%。データセンター市場の拡大を背景としたICパッケージ基板が好調な需要で推移している。またセラミック事業における自動車市場の回復傾向と生産性改善が順調に進んでおり、売上高、利益ともに、前回予想を上回る見通し。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です