2021年2月9日 火曜日

日経平均とTOPIXは利益確定売りをこなして続伸。マザーズ指数は小幅安。東証一部の売買代金は3兆1881億円、マザーズは1675億円でした。個別銘柄ではQDレーザが連続ストップ高。またテスラがビットコインに15億ドル投資したことでビットコインに連動しているマネックスが上げ幅を加速させていました。

テスラ車、ビットコインで購入可能に 業績変動リスクも
トヨタや日産、走行機能をソフトで更新 自動運転など
ソフトバンクG、投資を再拡大 年10~20社上場目指す
ルネサス、英半導体ダイアログ買収合意 6179億円で
JT、たばこ事業見直し 1000人規模の希望退職を募集へ

4544 H.U.グループホールディング
臨床検査企業のHUグループが決算を好感して買われていた。営業利益の修正率は+65%~32%。新型コロナウイルスPCR検査受託数が増加したことや、抗原定量検査試薬の販売が想定を上回ったことに加え、海外における検査試薬の需要拡大により、前回の予想を上回る見通しとなった模様。

5989 エイチワン
ホンダ向けに車体の骨格部品を製造販売しているエイチワン。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+56.3%。第3四半期は大半の地域で自動車フレームの生産量が増加した一方、第4四半期には半導体需要のひっ迫による自動車生産の減少が想定されるとのこと。

6287 サトーホールディングス
バーコードやプリンタの自動認識ソリューションをグローバルに提供している世界トップクラスのサトーHD。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は41.7%。日本や米国の一部小売業、中国の製造業等で想定よりも早いペースで引き合いが増加したことにより、業績が好調に推移したと発表している。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です