2021年2月10日 水曜日

日経平均とTOPIXは小幅高。マザーズ指数はメルカリやJIG-SAWが指数を押し上げて上昇。東証一部の売買代金は2兆8828億円、マザーズの売買代金は2180億円でした。個別銘柄では場中にトヨタが決算を発表したが上値を追えずにもみ合って大引け。新興市場ではクルーズがアパレルeコマース事業の拡大を好感してストップ高に。

Twitter、10~12月は28%増収 ネット広告好調
北朝鮮、サイバー攻撃で2.8億ドルの仮想通貨獲得=国連報告書
スターフライヤーに10億円支援 北九州市、航空網維持で
来週半ばにワクチン接種開始 首相、政府与党会議で表明

2928 RIZAPグループ
ジムやゴルフレッスンのライザップ。決算発表で営業利益が前年同期比+122.8%、最終利益は▲1851百万から▲210百万になり、収益改善の傾向が見られる。子会社のワンダーコーポレーションの決算も好決算だった。通期予想はコロナウイルス感染症の収束時期が見通せないため未定。

6626 SEMTEC
温度センサをはじめとする各種センサを製造販売する電子部品メーカーSEMTEC。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+31.5%。自動車関連は第2四半期より日本・韓国を中心とした回復基調が継続して堅調。医療関連でも体温計向けセンサの特需が引き続き堅調に推移していることから通期予想を修正したとのこと。

2489 アドウェイズ
アフィリエイト広告で国内大手のインターネット広告代理店アドウェイズ。通期予想を上方修正した。営業利益の修正率は+49.3%。コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ネット広告の需要の高まりを受け、国内事業および海外事業において業績が好調に推移した模様。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です