今日

日経平均とTOPIXは大幅に反発。東証一部の売買代金は2兆1930億円、マザーズの売買代金は2564億円でした。米先物指数も上げており、大統領の就任式の警戒感より大規模な財政出動による景気押上げ効果に軸足を置いた強気の買いが継続して入っているように思えました。本日はネットフリックスの決算、明日はASMLの決算に注目しています。

半導体不足招いた「対中制裁」 台湾勢に注文集中
バイデン氏、原油パイプライン建設却下へ 脱炭素を推進
自賠責保険料6.7%下げ決定 金融庁審議会、21年度
電力高騰、先物にも波及 1カ月前の4倍に
首相「新車電動化、35年までに」 蓄電池開発など課題も
ANA機内食の通販拡大、ファーストクラスの寝具販売も検討

9501 東京電力
降雪で電力不足を材料に動意づいていた東電。柏崎刈羽原発7号機が規制委員会の審査手続きを終了しているという状況の中で、原発再稼働で収益の改善が見込めるのではないかという話も手がかり材料に。

6976 太陽誘電
MLCC(積層セラミックコンデンサー)を手掛ける太陽誘電。大手証券では需要面で5G と自動車の電装化が牽引して利益拡大が加速局面に入ったと。レーティングを「強気」に格上げし、ターゲットプライスを3300円から7300円に引き上げた。

7522 ワタミ
居酒屋大手のワタミ。ワタミファームでとれた有機野菜などを詰め合わせにした「旬の野菜BOX」を宅配すると発表。1回の注文で1980円、月間1万セットの販売を予定している。巣ごもりで宅配需要は伸びており、収益拡大を期待する動きが見られた。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です