2021年2月16日 火曜日

日経平均とTOPIXは上昇ピッチの速さに対する警戒感もあり、後場に急落する場面があったが続伸。マザーズ指数も同様に急落する場面があった。東証一部の売買代金は3兆0252億円、マザーズの売買代金は2830億円。個別銘柄ではソフトバンクが活況、セレスが暗号資産の取扱を開始したこと、また好決算を好感してストップ高に。新興市場ではQDレーザが3日連続のストップ高になっていました。

英政府、コロナ対策で600億ポンド増税が必要になる可能性
国税、スマホ決済で納付 22年から所得税などで
ファストリ、時価総額10.8兆円 アパレル世界首位に
出光が超小型EVを開発 150万円以下、22年発売

9672 東京都競馬
競馬や遊園地、物流倉庫を保有管理している東京都競馬。好決算で買われた。今期の通期予想(営業利益)は前期比で+12.8%の126億円になるという。加えて増配も実施する。また中期経営計画では営業利益150億円を業績目標に掲げている。

6172 メタップス
決済代行等のマーケティング支援やブロックチェーンに関する研究開発も行っているメタップス。15日付けでSBI証券が保有割合を7.56%から12.4%まで増やした。これを材料視して大幅続伸。

8086 ニプロ
ディスポーザブル(使い捨て)医療器具の大手ニプロ。15日の一部の報道によると6回の接種ができる特殊な注射器を増産するよう国から要請があり、増産できるよう急ピッチで検討を進めている模様。

ワクチン注射器増産に4〜5か月 NHK NEWS WEB

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ